\



-温度コントロールの利点、固定温度モデルの利点を全て持ち合わせるフラッグシップモデル-



状況に応じたタイヤを作りだす-これからの常識

今まではタイヤの温度はタイヤウォーマーまかせにしていませんでしたか?
ベストのタイヤ温度は気温や路面温度、路面コンディションによっても異なるために 固定設定温度で加熱されたタイヤは 状況に合わせたタイヤであるとは言えないでしょう。タイヤウォーマーで温めていたにも関わらずコースイン直後に転倒・・よく聞く話ですが果たしてタイヤは適切にセットアップされていたのでしょうか?
タイヤウォーマーはセッティングパーツの一つです。
これからはセットアップして戦えるタイヤを作りだす時代に入りました。


これまではサーモスタットにて設定温度に到達すると電源をカットして温度が下がると再び加熱を開始する温度管理を行ってきました。
GET HOTで採用していたサーモスタットは世界一精度が高く、温度の復帰幅が限りなく少ない物を使用しておりましたがやはりGP-MAXのような電子制御モデルと比較してしまうと温度の安定度は物理的に敵うものではありません。

気温の低い時期にタイムが刻めるように作り出した足周りは何度のタイヤ、内圧に合わせた足周りなのかを考えれば答えはすぐに出ると思います。
正確に温度管理をすることによってよりタイヤを信頼し、安心して戦うことが可能となります。

全面が均等に温まる面状発熱体だからこそできる温度調節のアドバンテージを最大限に生かすことができるアイテムとなります

しかし、様々な状況下ではとにかく速く熱くすることも求められる場合もゼロではないのかもしれません。

ライダーによってはとにかく熱くした方が心理的に安心できる方が一定数いることも事実です。 熱くしてもニクロム線のようにタイヤを壊すことがない面状発熱体の利点を生かして彼らに届けられる物を作り出しました。

あくまで私達の理念とは異なる考え方ではありますが、一人ひとりのユーザー様が安心できる方法でタイヤを作り出していただくことが私達の目的です。 

GP-MAX V4は全ての理念を受け入れつつもデメリットなくそれらを叶えるとに成功しております。

ぜひお試しください。

これは、レイアト P タグのコンテンツです

★GP-EVOLUTIONと各タイヤウォーマーとの比較データ★ 解析の詳細はこちらをクリック


これは、レイアウト P タグのコンテンツです



03-3897-8506 CALL NOW !
hotbank_usa@hotmail.com

GET HOTタイヤウォーマー:実用新案取得/特許出願中